NEWS 邦人に懲役15年=50代男性、国家機密入手・提供-中国海南省(時事)

在留資格・ビザ申請 届出済み行政書士の佐々木健一事務所です。名古屋を中心に、愛知県、三重県、岐阜県に対応しております。

【北京時事】中国海南省の中級人民法院(地裁)は20日、同省で2017年3月に温泉開発の調査中に拘束された50代の日本人男性に懲役15年と10万元(約160万円)の没収を命じる判決を言い渡した。日中関係筋によると、「国家機密を違法に入手、分析し、海外に提供した罪」が認定されたという。
中国では15年以降、スパイ行為に関わった疑いなどで拘束される日本人が相次ぎ、これまでに少なくとも9人が起訴された。このうち判決の出た7人全てが実刑判決となったが、今回が最も重い量刑となった。
と、ある。
私の妻は、この海南島出身である。私も、50代なので他人ごとではない。もちろん、温泉開発などの調査はしないが、海南島で商売をしようとしたことはある。何だか日本では考えにくい罪状であるけれど、この日本人は脇が甘かったとはいえるだろう。少なくとも、中国は日本国内ではないのだから、開発など特殊なことをする場合は、それなり以上の準備等が必要であると思う。