NEWS 国交省、建設技能人材機構/建設で初の特定技能試験実施/4カ国・33人が受験

外国人に関係する、在留資格・ビザ申請 届出済み行政書士の佐々木健一事務所です。名古屋入管(名古屋出入国在留管理局)エリアを中心に相談、書類作成を行っております。

「特定技能」の国内試験として、「鉄筋継ぎ手」試験を実施した。
4カ国・33人(ベトナム23人、フィリピン8人、中国1人、アルジェリア1人)が受験。
特定技能1号評価試験の合格者が初めて誕生する。
多くの受験生から「実技は毎日の仕事と同じで簡単だったけど、学科は大変だった」との感想。
9月15日の『土工』の評価試験は14カ国・52人が受験する予定。
詳細は、下記のHPをご覧ください。
国交省、建設技能人材機構/建設で初の特定技能試験実施/4カ国・33人が受験  [2020年8月31日1面]