NEWS 名古屋市中区の外国人比率10%オーバー

在留資格・ビザ申請 行政書士の佐々木です。
中日新聞の記事です。
人口比率のことは現在のトレンドですが、そういう状況になった時、平和というか共存共栄していくにはどうすればいいのか?の1つの答えが紹介されています。
災害発生時にできるだけ早く正しい情報を得られ、適切な行動をとれるように考え出されたコンテンツが「やさしい日本語」です。
これ以外にも、パンフを作り配布するなどもしています。
外国人にとって住みやすい街であることは、我々日本人にとっても有意義であり、理想でもあります。
私たち取次行政書士も、違法、脱法に加担することなく、外国人労働者と企業の成長等に貢献できるようにがんばらなければならないと殊更のように感じています。