NEWS 名古屋入管に脅迫状 スリランカ人女性死亡問題で(産経他)

外国人の在留資格・ビザ申請専門・届出済み行政書士の佐々木健一事務所です。名古屋入管(名古屋出入国在留管理局)を中心にエンジニア、通訳の就労ビザ、国際結婚、特定技能・建設オンラインに関するなど書類作成・申請を行っております。

・脅迫状はウィシュマさんの死亡に抗議し、局長に危害を加えるという趣旨の内容だったとのこと。
・愛知県警は14日に被害届を受理し、脅迫容疑で捜査を始めたとのこと。

10日以上前に被害届を出されている。
東海テレビの報道では、「責任を取って自殺しろ。さもなければ、自分が出向いて手を下す」と書かれていたとしている。
どんな人が書いたのかは現時点では分からないが、警察は脅迫事件として扱うようだ。
自殺をしろは、少しおかしい。
ここでは、辞任しろが正しいと思う。

実際に、手を下すようなことがあれば、殺人犯として生きていくことになる。
こういう行動は、反って真相から遠くなってしまう可能性も否定できない。報道が、違った方へと向かう可能性があるからである。

真相究明は、一般的にも求められるものである。
このあたりの法改正を訴えていった方が良いと思う。

この記事のコメントで興味深いものがあったので、そのまま記載しておきます。
◎「病気になれば仮釈放される」と助言した(支援者と称される)勢力がいること、また体調不良になった際に医師からの薬を拒否し謎の「漢方薬」を彼らに渡されたという。
完全に利用されたんだよな。◎
真偽のほどは不明であるが、食事を摂らずに入院というケースある。
仮釈放は、仮放免のことだと思う。

いずれにせよ、こういう脅迫は仕事柄やめて欲しいと思う。

名古屋入管に脅迫状、県警が捜査 スリランカ人女性死亡巡り