NEWS ヤマト社員の労災認定 遺族年金不支給の取り消し命じる 名古屋地裁判決(毎日)

外国人に関係する、在留資格・ビザ申請 届出済み行政書士の佐々木健一事務所です。名古屋入管(名古屋出入国在留管理局)エリアを中心に相談、書類作成を行っております。

労災認定と、自殺の原因と業務の起因性が問われた裁判です。

結論から
→ 自殺は業務に起因すると結論
 → 労災と認定し、国の遺族補償年金などの不支給決定を取り消し
どんな裁判
→ 「ヤマト運輸」の名古屋市内の配送センター長だった男性社員(当時45歳)の妻が、2016年4月に自殺したのは過労が原因として国に労災認定を求めた訴訟
どういう状況だったのか
→ 自殺の4カ月前の時間外労働が月130時間を超
  同時期、男性自身と部下2人が配送中に相次いで物損事故を起こした
そして、「会社の特徴を見て、人身事故でなくても心理的負荷になったと判断した点が踏み込んだと言える」と代理人弁護士がコメント。

これを受けて、労基署とヤマト運輸は下記のように語っている。
・名古屋北労基署は「判決を精査し、関係機関と協議をして対応する」
・ヤマト運輸は「訴訟当事者ではないのでコメントは控える」
としている。
訴訟当事者ではなくても、何かあるだろうけど。
妻は会社に謝って欲しいとコメントしている。
会社は謝ってもいなかったのかな?

今後の展開、会社を相手に慰謝料請求とかもあるのかもしれませんね。

カウンセラーとして、気になるNEWS記事でした。