悲しすぎる 老舗の映画館「小倉昭和館」も焼ける“ネオンだけ残ってくれているNew

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

悲しすぎます。
老舗の映画館が火災に巻き込まれている。
それを近くでただただ見ていることしかできない、館長さん。
北九州小倉区にある100年くらい前からある市場とのことであり、市民の憩いのエリアでもある。
今年の4月にも42店舗が焼損する被害があり、ようやく復興してきた矢先の出来事。
失火の原因は、天ぷらの油に火が入ったことらしい。
不慮の出来事だとは思うが。

映画会社に就職し、今も映画を愛する個人として非常に残念なことである。
立ち上がれるのだろうか。
私の勤めていた会社は経済的に破綻して会社更生法という破産状態に追い込まれていた。
退職するまでの多くの期間を更生会社として過ごした。
いよいよ、独り立ちするときに私は会社を去ったことを思い出した。

劇場は、復興のために寄付を募り、35万円を収めたばかりでのこの火災。
何も言えないです。

とにかく、火元には気をつけること。

肝に銘じておかなければなりません。

老舗の映画館「小倉昭和館」も焼ける“ネオンだけ残ってくれている
北九州 旦過市場でまた大規模火災 4月に42店舗焼ける火事

記事 外国人研究者の入国厳格に(日経)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

日経新聞の記事になります。

「政府は外国人の研究者や留学生が入国するときの審査を厳しくした。」とあります。
スパイ対策ですね。
では、どのように厳しくしたのでしょうか?
「在留資格認定証明書」に審査項目を追加したとある。
渡航歴や資金源だけでなく、過去に書いた論文や出身国での経歴も明らかにするよう求めているとしている。

とはいえ、2021年度に研究の在留資格で入国した人は89人とものすごく少ない。全体での入国者数は15万人なので、割合からみたら無いに等しい。

コロナ禍ということもあったため、全体の人数も少ないが今後は、1日に2万人という枠組みで進んでいくことを考えると、数千人単位にはなるだろう。

タイ中国対策ということであるが、日本では20年末時点で研究者やエンジニアを含む「高度専門職」の在留資格を得た外国人の7割強が中国人だったという。

外国人研究者の入国厳格に 政府、渡航歴・資金源を審査

在留資格「研究」(出入国管理庁)

◆就労資格証明書の解説を更新しました。New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

お客様の問い合わせで、気付きました。
随分と放置しいました。

基本的には、転職の際に期間更新までの期間が長期間ある場合に利用することになります。
期限が近づいている場合は、そのまま転職ありの期間更新申請か、資格変更をします。
注意すべき点は、必ずしも認定してもらえるとは限らないという点です。
資格該当性がない場合などがこれにあたります。

詳細は、下記のページを御覧ください。

◆就労資格証明書

記事 「経営陣に人権侵害防ぐ責任」 経産省、指針案まとめる(日経)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

ものすごく簡単に言うと、人権侵害のリスクがあると特定された場合には、経営者の最終責任で防止・軽減に取り組みなさいということである。

すでに、リコーなど先進的な企業では独自の取り組みをしているようであるが、各社手探りで対応しているため、国としての指針が必要だと感じていたようである。

さて、私の主要業務である国際業務にも触れられている。
それは、日本特有の問題として技能実習生への人権配慮である。
『技能実習生のパスポートを保管したり、貯蓄金管理に関する契約を締結したりするケースについて見直しを促した。技能実習生の受け入れ企業には、悪質な仲介業者が介在していないかを監理団体などと連携しながら確認することも求めた。』
また、海外取引先においても対処方法や注意点も示されている。

最後のまとめとして、『ESGや社会的責任の観点で撤退・事業縮小が望ましくても、企業にとってどこで線引きすべきかはなお見えづらく、判断は簡単でない。今回の指針や今後つくる実務担当者向けの手引書とともに、適切な判断をしやすい環境を整えていくことも重要になる。』としている。

人権などは国や人種で差別があってはならない。
しかしながら、そう考えない人もいる。
さらには、自分のことでなければ対岸の火事よろしく的な無関心な人もいる。
そういう人たちにも参加してもらわなければ、こういった問題は無くならないだろう。
ここでも、悪質な仲介業者の介在が出てきているが、こういう業者の仲間に士業者がいることも忘れてはならない。

「経営陣に人権侵害防ぐ責任」 経産省、指針案まとめる

記事 JR宗谷線、捨てきれぬ最北の無人駅「抜海」の願いNew

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

秘境駅で有名である抜海駅は国内最北の無人駅である。

その秘境駅の存続において、その所在地の稚内市とそこに暮らす住民と対立しているようだ。

しかしながら、無人駅の存続にこんなに維持費がかかるなんてびっくりしますね。
稚内市は毎年この無人駅に100万円の費用を抱えているという。
ホント、何にこんなにかかるのでしょうか?

住民は観光客のためにこの駅が必要だという。
市は、生活路線とはいえず利用客があまりにも少なすぎるため公金を投入するのは得策ではないとしている。
どちらの言い分もわかるような気がするが、鉄道・旅行ファンとしては残して欲しいが、利用客が3人しかいないとなれば市の言う事の方に分があるように思う。
この際だから市民投票で決めれば良いと思うのだが。

仮に地方が観光のためにローカル線を残すとして、それは地方の発展なのだろうか?
簡単に観光とか、企画列車というけれども、ブームのあとには誰も来ないなんてことになるのではないだろうか。
小笠原諸島の母島父島は観光に支えられているとは思うが、リピーターが多いという。

JR宗谷線、捨てきれぬ最北の無人駅「抜海」の願い

 

 

記事 一時帰国の記者がみた日本のコロナ対策のちぐはぐ(日経)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

非常に面白い記事であったので紹介した次第である。

もうこれは、全文読んでもらったほうが良い。

面白かった、なるほどと思った部分を紹介する。

日本独特なものとして、『帰国前の検査に合理的な意味があるのか。入国管理に携わる日本政府関係者に聞くと「国民感情が許容する段階にない」との答えだった。』としている。
その国民感情をどうやって推し量ったのだろうか、この入国管理に携わる政府関係者はと感じた。結局のところ、マスコミが先導した紹介の仕方をしているからだろうし、それを鵜呑みにするYESマンが多いということだろう。

飲食店のアクリル板設置に関する記事には、感心するというより吹き出してしまった。特に、アクリル板が相手の声を聞きづらくするため大声になり、さらにはウイルス拡散につながるのではと。

他がしていると、乗り遅れては並んとばかりに右に倣えでは・・・
とはいえ、国民感情が最後には火を吹くので気をつけた方が良さそうである。
マスコミも考えを押し付け、洗脳するような報道は避けて、事実を完結に伝えることに努めて欲しいと思う。

一時帰国の記者がみた日本のコロナ対策のちぐはぐ

記事 名鉄の採用担当が選んだ就活生必読記事(日経)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

コロナ禍の中、就職活動は大変であると思う。
マスクをしながら、猛暑の中では、緊張などの精神的なことも相まって体力的にも疲労が溜まっていくであろう。

適度に気分転換をしながら、パーソナルスペースをとるなどしてマスクを外し、深呼吸することも役に立つと思う。
これだけ猛威を振るって感染者が出てきているので、採用側も一定の配慮が必要にも感じるが、やはり一番の対策は感染防止に努めることである。
無用な外出は避けたほうが得策であろう。

記事は、先日も取り上げた名鉄に関連するものです。
名鉄の欲しい人材について述べられているため、すべての就活生に当てはまるわけではない。
しかしながら、(2)インフラ点検、目視不要 アナログ規制4000条項を改正へは、デジタル化社会への対応は他の企業でも必要となる知識である。

一方で、(3)「議論する力」育成手探り 高校新科目「公共」は多様化する世界への考え方は避けては通れない時代になり、さらに先行きが不透明な「VUCA(ブーカ=変動性・不確実性・複雑性・曖昧性)」と呼ばれる現代において「公共」力は欠かせないものとしている。

名鉄を第1希望とする学生さんには必見の記事だと思います。

答えのない世界で、自ら考え行動する力、すなわち、自律的・主体的に考え学ぶ姿勢が大切とする視点は現役で働く人びとすべてに必要なスキルだと思う。

名鉄の採用担当が選んだ就活生必読記事

記事 身寄りのない遺体 “1年以上火葬できず” 手引き改正 名古屋(NHK)New

名古屋で入管への申請・相談、外国人のビザのことなら名古屋ビザ申請コム(行政書士佐々木健一事務所)にご依頼ください。

このブログでも2月19日に取り上げた記事の続編的内容になります。

すでに、元記事は削除されているため当ブログの記事(NEWS 身寄りない13人火葬せず 名古屋市(朝日))の概要しかありません。

この記事では、この問題解決に対する名古屋市の答えということになりますね。

具体的には、引き取り手のいない遺体の扱いを定めた手引きを7月に改正したとあります。
変更点は、すべての法定相続人に遺体を引き取る意向があるか確認していたようですが、今後は配偶者と、それ以外の最も順位の高い相続人のみに意向を確認することになったようです。
回答期限は2週間とし、期限内に回答がなかった場合は、引き取る意向がないとみなして手続きを進めるとしていて、死亡の連絡から、原則1か月以内に葬儀まで終えると定めています。

大切なのは、作業の進捗(しんちょく)を記録した資料を共有サーバー上で更新し適切に進んでいるか複数の職員で確認するという点ですね。

身寄りのない遺体 “1年以上火葬できず” 手引き改正 名古屋

記事 名鉄とドローン(日経)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

わが町、名古屋に大きく貢献する名鉄の記事です。

名古屋鉄道は4月から、橋梁や高架橋の定期点検にドローンを本格的に使い始めた。点検を担う職員はグループの名鉄ドローンアカデミーで育成。「パイロット」は今のところ8人。パイロットの育成から運用まで一貫して取り組む鉄道会社は珍しい。

1分ぐらいの動画で説明しています。

名鉄、ドローン点検「出発進行」 パイロットも自社育成

記事 ウィシュマさん遺族ビザの変更認められず 「国外退去余儀なくされる可能性も」(TBS)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

TBSテレビさんの記事です。
入管施設で死亡したスリランカ人女性の遺族の在留資格の延長に関する記事です。
去年5月に来日し、「短期滞在」の在留資格を延長しながら活動を続けて現在も日本に滞在し続けています。
短期滞在は更新がされないのが原則ですが、なぜに1年以上も滞在できているのか?
こちらの方が、入管業務に携わる私にとっては重要になります。
180日ルールと言われるものもあります。
短期滞在においては、日本に在留できる期間が、どこを切り取っても1年における期間が180日になるというものです。
1年以上いるので、そんなものはないのかと思わせるほどの長期間に渡って日本に滞在していることになります。
私見では、ちょっと許せない気分になります。

この記事では、「国家賠償訴訟に参加するため」の特定活動に切り替えるとしている。
一旦帰って、また、入国すればいいことだと思うのだが・・・
国外退去を余儀なくされるとあるが、ルールに従うとそういうことになるということになるという、当たり前なことなのではないだろうか。

【独自】ウィシュマさん遺族ビザの変更認められず 「国外退去余儀なくされる可能性も」