NEWS コロナで制限、留学生の入国9割減(読売)

名古屋で入管への申請、外国人ビザのことなら名古屋ビザ申請コムの行政書士佐々木健一事務所に。エンジニア、通訳の就労ビザ、国際結婚(日本人の配偶者等)、永住者、定住者、特定技能・建設オンラインの相談・申請をお引き受けします。

当たり前なのだろうけど。
ところが、新聞ではG7では新規入国を認めていないのは日本だけだと、声高らかに記事にしている。
入国制限の影響で日本以外への留学先の変更や、日本での就職の見直しを迫られる留学生もいる。
としているのだが、、前半部分は理解できるが後半部分はどういうことなのだろう?
日本での就職を見直す留学生?
これ、逆のような感じがするのだけれど。
日本に外国人が来られない状況を考えると、外国固有の文化などをもつグローバル人材そののものが、日本にある(いる)のだから、国内にいる留学生にさらに白羽の矢が当たると思うのだが。
記事では、カナダの例をあげ、日本人留学生の受け入れがコロナ禍前に戻っているとしており、日本も同じようにしろと言わんばかりだが、緊急事態宣言の出ている状況で、留学生以外の技能実習生をはじめ日本に来られない外国人以外のことも同様に考えるべきだと思う。
外国人が変種株を持ち込むとなると、目の色変えて批判するのだろうけど、政府と外国人をね。

◇読売新聞の記事◇