記事 23年1月施行の経審改正内容変更、CCUS加点条件緩和

日本に暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

建設工業新聞より。
国土交通省は2023年1月に施行を予定している経営事項審査(経審)の改正内容を一部変更するとしている。
建設キャリアアップシステム(CCUS)を現場で導入する元請企業を評価する際の条件を緩和をするとのこと。

国交省の建設キャリアップシステムに関しての本気度が伝わってくる内容ですね。

その他には、WLB関連の認定取得企業を評価する条件も一部変更。「くるみん認定」「プラチナくるみん認定」の基準引き上げに伴い4月に新設された「トライくるみん認定」を加点要件に追加するとのこと。

建設工業新聞  6月 24日 1面記事掲載