記事 身寄りのない遺体 “1年以上火葬できず” 手引き改正 名古屋(NHK)

名古屋で入管への申請・相談、外国人のビザのことなら名古屋ビザ申請コム(行政書士佐々木健一事務所)にご依頼ください。

このブログでも2月19日に取り上げた記事の続編的内容になります。

すでに、元記事は削除されているため当ブログの記事(NEWS 身寄りない13人火葬せず 名古屋市(朝日))の概要しかありません。

この記事では、この問題解決に対する名古屋市の答えということになりますね。

具体的には、引き取り手のいない遺体の扱いを定めた手引きを7月に改正したとあります。
変更点は、すべての法定相続人に遺体を引き取る意向があるか確認していたようですが、今後は配偶者と、それ以外の最も順位の高い相続人のみに意向を確認することになったようです。
回答期限は2週間とし、期限内に回答がなかった場合は、引き取る意向がないとみなして手続きを進めるとしていて、死亡の連絡から、原則1か月以内に葬儀まで終えると定めています。

大切なのは、作業の進捗(しんちょく)を記録した資料を共有サーバー上で更新し適切に進んでいるか複数の職員で確認するという点ですね。

身寄りのない遺体 “1年以上火葬できず” 手引き改正 名古屋