記事 名鉄の採用担当が選んだ就活生必読記事(日経)

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人をサポート。
ビザ(在留資格)のことなら、何でもご相談下さい。

コロナ禍の中、就職活動は大変であると思う。
マスクをしながら、猛暑の中では、緊張などの精神的なことも相まって体力的にも疲労が溜まっていくであろう。

適度に気分転換をしながら、パーソナルスペースをとるなどしてマスクを外し、深呼吸することも役に立つと思う。
これだけ猛威を振るって感染者が出てきているので、採用側も一定の配慮が必要にも感じるが、やはり一番の対策は感染防止に努めることである。
無用な外出は避けたほうが得策であろう。

記事は、先日も取り上げた名鉄に関連するものです。
名鉄の欲しい人材について述べられているため、すべての就活生に当てはまるわけではない。
しかしながら、(2)インフラ点検、目視不要 アナログ規制4000条項を改正へは、デジタル化社会への対応は他の企業でも必要となる知識である。

一方で、(3)「議論する力」育成手探り 高校新科目「公共」は多様化する世界への考え方は避けては通れない時代になり、さらに先行きが不透明な「VUCA(ブーカ=変動性・不確実性・複雑性・曖昧性)」と呼ばれる現代において「公共」力は欠かせないものとしている。

名鉄を第1希望とする学生さんには必見の記事だと思います。

答えのない世界で、自ら考え行動する力、すなわち、自律的・主体的に考え学ぶ姿勢が大切とする視点は現役で働く人びとすべてに必要なスキルだと思う。

名鉄の採用担当が選んだ就活生必読記事