記事 今日は、もう1つ気になる記事がありました。

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートしています。
ビザ(在留資格)申請のことならご相談ください。

身代金ウイルス、警察庁が暗号解除成功 支払い未然防止

警視庁すごいな!

国内企業3社ともあるが、こちらもすごい!

さらに、諸外国とも連携していくとしている。素晴らしい!

全国の警察で、サイバー犯罪に関わる捜査官や技術系職員は約2400人。うち約450人はIT(情報技術)企業や研究者の中途採用などで高度なスキルを持つ人材を集めた。

当事務所は私、一人で全てを行っている弱小な事務所である。
逆に言えば、被害に合ってもそれほどの損害は少ないだろう。
しかし、システムで成り立っている企業にとっては存続すらを脅かす犯罪であるし、犯罪組織に4割以上が身代金を支払ったというから、悪い奴らに資金が流れるのは許せない。

いたちごっこの様相もあるが、ランサムウエアの対抗策の1つである犯罪集団の「摘発」はこの記事からも今後、大きな期待が持てる。

○ランサムウエア
企業などが保有する機密や重要データを暗号化し、システムを使えなくしたうえで、復元と引き換えに金銭を要求するコンピューターウイルス。2017年に世界で拡散した「ワナクライ」などで広く知られるようになった。