記事 ドローンが住宅街も飛行可能に「レベル4」解禁で生活は 安全は

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートしています。
ビザ(在留資格)申請のことならご相談ください。

NHKなどのメディアで紹介されている「ドローンのレベル4」での飛行が解禁されると報道されています。

12月5日に解禁されているといいます。
実際には、12月5日の改正航空法の施行で「レベル4」が制度上可能になるということのようです。
では、飛行が実現するのはいつでしょうか?
国は「レベル4」飛行が実現するのは早くても今年度内とみていて、サービスとして登場するのはさらに先になりそうとのことです。
飛行環境が整備されていないためとしています。

飛行中のドローンが落下してきたら???

もう、どうしようもないですね。
怪我はするでしょうし、最悪の場合は命が奪われてしまうことにも・・・

国はそのため、「機体認証制度」と「操縦ライセンス制度」を創設し厳格に安全性を担保するとしています。

気になる事故が起きた時の責任を取らなければならないのは誰?
操縦者が責任を負いますとあります。

NHKのホームページでは、これらのキワードにも触れていてよくまとまっているので一見の価値があると思います。

ドローンが住宅街も飛行可能に「レベル4」解禁で生活は 安全は(NHK)