NEWS 留学生、大学・院卒後に年収300万円以上で在留可能に : 朝日新聞記事(2018.09.06)

在留資格・ビザ申請 行政書士の佐々木です。
この記事によると、法務省は外国人留学生の就労拡大に向け、新たな制度を創設すると記されている。
条件は、次の3つが上げられており、
・年収300万円以上
・日本の大学または大学院を卒業
・日本語を使う職場で働く場合
となっており、業種や分野を制限せずに外国人の在留を認めるというもの。
詳細は検討中であり、「特定活動」の対象範囲を広げる、入管法を改正して新たな資格を設けるかとなる様子。
この大学等での習得したスキルと業務のマッチングが必要であったが、専門性といった垣根がなくなることになる。
また、専門学校生でも「クールジャパン」に関連するアニメやマンガ、日本食など日本文化に関わる仕事であれば、その対象スキルを習得すれば、高度な業務だけでなく、補助的な仕事も対象とするとしている。
簡単に言うと、日本の大学を卒業し、年収300万円以上の日本企業に就職することができるようになるということ。
300万円のハードルは決して低くはないが、月給20万超、賞与3ヵ月であれば可能となる。
日本人がやりたがらない仕事で人手不足になっている業界と、少子化で大学生が少なくなってきた大学運営者への配慮とも思える。
クールジャパン対策は、くれぐれも真逆にならないように気を付けなければならないと思う。
日本の人手不足は、このまましばらくは続きそうである。