情報  出入国在留管理庁より在留申請オンラインシステム0317

出入国在留管理庁からのTwitterにて、お知らせが届きました。

在留申請オンラインシステムにて、利用者登録が3月16日より行えるようになりましたが、一部で不具合が出ているようです。
『海外のIPアドレスについてアクセス制限を行っており、フリーメールでは通知メールが届かない場合がある』ようです。
対策として、プロバイダメールを利用することになります。

・フリーメールアドレス・・・Gmail、Yahoo! メール、iCloudメール、Outlookメールなど無料のメールアドレスです。
・プロバイダメール・・・プロバイダと契約した際にもらえるメールアドレスになります。
例)zhebuchan@gyouseishoshi.nagoya  は当事務所のアドレスです。

つい先日も、CCUS建設キャリアップシステム事業者登録をする際に、フリーメールを使っていたところ、大切な講習の案内が届かないということが有りました。そのため、1週間ほど無駄に時が過ぎ、問い合わせなどをするという余分な手間もかけてしまいました。
一方で、プロバイダメールには、オレオレ詐欺など、迷惑メールが毎日のように入っていきます。そのため、メール整理が大変であるためあまり使わなくなってしまったのが現状です。
設定を変更したこともあり、その手のメールは別のゴミ箱フォルダに移しています。
デジタル庁、警察も、もっと不正なメールなどは摘発して欲しいものですね。

関連ページ
オンラインによる在留申請手続の対象範囲の拡大について(入管)