情報 総合職職員採用情報・令和3年度(出入国在留管理庁)

外国人の在留資格・ビザ申請専門・届出済み行政書士の佐々木健一事務所です。名古屋入管(名古屋出入国在留管理局)を中心にエンジニア、通訳の就労ビザ、国際結婚、特定技能・建設オンラインに関するなど書類作成・申請を行っております。

出入国管理庁で総合職の職員採用情報が記載されています。
今年度は、10名の募集のようです。
「官庁訪問直前!!第2回オンライン業務説明会」として、オンラインでの開催となっています。

入管職員の募集ですが、実際にはこちらの応募は、国家公務員採用総合職試験合格者が対象となっており、この記事が必要な方が見ていることは少ないでしょう。
このサイトの中には、動画やパンフレットで入管の仕事を紹介しています。非常にシンプルにテンポよく紹介されております。
動画は20分程度ですので、この募集に限らず入管・法務省の取組を知ることができると思います。
リーフレットは長官から職員までのメッセージも寄せられています。
ある意味、レアな情報と言えます。

さて、今回の10名募集は、ここ数年の募集に比べて多いと言えます。昨年度は9名でこれまでよりも多く、5名程度の募集になっています。今年度はさらに多い10名ですので、業務強化なのか、退職者が多いからかは不明ですが、応募者にとってはチャンスですね。

マスコミで叩かれる?取り上げられることが多い、外国人関係のお仕事ですが、とても意義のある仕事だと思います。

総合職以外の入管職員の募集は、数倍以上となっているのでこちらは少しだけ入庁しやすいと言えますね。

追記)
先日、スリランカ女性の事件でも取り上げられている収容施設に関しては、動画の13分の所で室内などを紹介されています。
6帖程度の畳の部屋でトイレと流しがあります。
通路から見ると、病院の入院病棟の方が牢屋というよりも近い印象です。感じ方は人それぞれですので、あくまでも主観です。

参考にしたWEBサイトは下記となります。

総合職職員採用情報(令和3年度)