情報 ベトナムにおける教育訓練・試験のスケジュール/建設分野の特定技能外国人受入

外国人に関係する、在留資格・ビザ申請 届出済み行政書士の佐々木健一事務所です。名古屋入管(名古屋出入国在留管理局)エリアを中心に相談、書類作成を行っております。

・鉄筋や型枠など8職種で計205人を定員とし、5日から同国で訓練生の募集を開始
・技能訓練や日本語教育を経て、最速で2021年7月にも受入企業とマッチングを始め、同年11月から就労を開始できる
・ベトナムでの教育訓練・試験のスケジュールは、応募してきた訓練生に対し11月から21年1月にかけて実施する基礎レベル(N5相当)の日本教育の合格者が、各職種の技能訓練と実践レベル(N4相当)の日本語教育に進む
・鉄筋施工、鉄筋継手、コンクリート圧送の3職種は同2月から技能訓練を始め、技能試験合格後、実践レベルの日本語教育に移る
・型枠施工、左官、建設機械施工、土工、内装仕上げの5職種は実践レベルの日本語教育を先行して実施後、技能訓練する
⇒ 技能試験と日本語試験に両方合格すれば、受入企業とのマッチングや雇用契約の段階に入る

建設技能人材機構(JAC)では、今回の募集に続く、第2次の求人募集を開始した。今回の8職種以外の職種も対象とし、受け入れを希望する企業からの求人を募る。JACに未加盟でも求人が可能で、電話(03-6453-0220)で相談を受け付ける。

ようやく、ベトナムでの特定技能に進展があったわけだ。