◆仮放免許可申請

仮放免制度の趣旨

退去強制手続は,身柄の収容を前提として行われるところ,収容されている者について,病気その他やむを得ない事情がある場合,一時的に収容を停止し,一定の条件を付して,例外的に身柄の拘束を解くのが仮放免制度である。
対象者は、収容令書又は退去強制令書の発付を受けて収容されている外国人になります。例えば、オーバーステイで収容されてしまったときなどです。

仮放免の許否判断

仮放免の許否は,仮放免請求等に基づき,個別の事案ごとに諸般の事情を総合的に勘案して判断されるものであり,許否に係る基準はないが,その許否判断に当たって考慮する事項は,出入国管理及び難民認定法第54条第2項及び仮放免取扱要領第9条において次のとおり定められている。
・被収容者の容疑事実又は退去強制事由
・仮放免請求の理由及びその証拠
・被収容者の性格,年齢,資産,素行,健康状態
・被収容者の家族状況
・被収容者の収容期間
・身元保証人となるべき者の年齢,職業,収入,資産,素行,被収容者との関係及び引受け熱意
・逃亡し,又は仮放免に付す条件に違反するおそれの有無
・日本国の利益又は公安に及ぼす影響
・人身取引等の被害の有無
・その他特別の事情

関係法令

出入国管理及び難民認定法 第54条第2項
仮放免取扱要領 第9条

行政書士 佐々木健一事務所

名古屋市港区入場1-1104-2 プライム入場Ⅱ302

(052)665-6788 お問合せはお気軽に、こちらへ