ブログ 来日のミャンマー代表選手が難民申請の意向に思うこと

名古屋で入管、ビザのことなら行政書士佐々木健一事務所に。名古屋入管(名古屋出入国在留管理局)を中心にエンジニア、通訳の就労ビザ、国際結婚、特定技能・建設オンラインに関するなど書類作成・相談・申請をしています。

「難民」「ミャンマー」この2つのキーワードはここ最近のニュースではよく見聞きしますね。
このニュースは少し事情が違いますね。
ミャンマー代表として来日していたのに、代表として帰国しないということに違和感を感じます。
例えば、自分が日本代表でアメリカに行き、日本政府を批判したとしても、そのことだけで何か制裁を受けることはないだろうけど、マスコミが面白おかしく記事にするだろうから、しばらく面倒な日々が続きなどもあり制限された生活になる可能性はある。それも、いずれマスコミも興味を示さなくなり、一般人も忘れていくだろうから、しばらくの辛抱だろう。
軍事政権下であればということを想像してみると、確かに危険な感じを受ける。命がけの行為であるとは言えそうだ。
国の代表で、チームメイトもいるのに、身勝手な行動ともいえる。
この選手は、国の家族に危害が加えられるのではないかと心配しているとコメントしている。軍だけではなく知人・近所の人からも叩かれそうである。
日本であればマスコミが面白おかしく記事にするだろうから、しばらくは平穏な生活ができないことが確定する。というか、仕事にも行けないかもしれない。

このピエ・リアン・アウン選手の行動は勇気ある行動なのだろうか。
勇気はあると言える。自分であれば、怖くてできないと思う。

彼は、何がしたかったのだろうか。
①「自分がしたことに後悔はしていない。日本国民にミャンマーの問題を知ってもらうきっかけになったことに満足している」
②「自分の命が助かったことについては安心したが、ミャンマーにいる家族が心配だ」と発言している。
①については、この方はミャンマーの問題を知ってもらうきっかけと言っているが、マスコミさんたちは、難民申請絡みに持っていこうとしている(あくまでも私見です)と思われ、ミャンマー情勢・代表選手が命を狙われるとは感じているかは疑問である。
さらに、②命の危険も自分が、3本指を掲げたことに原因があるのであれば、別の方法を実行すればよかったのではないだろうか。

自分が招いたことで命が危険となり、それを理由として、難民申請というのは、果たして良いのだろうか。これが、許可になるのであれば、他に許可となる申請者は大幅に増えるだろう。マスコミが大きく取り上げたから、特別だよ。なんていうのは、法律が許さないからである。

さて、このニュースに一般市民の意見はどのようなものが多いのだろう。
書き込みを見ると、否定的な見方が多く、難民として認めない側が5~10倍ぐらい多い。(👍の割合からみて)
興味深い意見としては、
・団体行動に於いて、空港で保護を求め、支援者や弁護士と合流した流れや、難民申請する手際が良過ぎる
・現ミャンマーにいる日本人が心配である
・政府も対応に困るであろう(国際批判、マスコミのバッシングなどから)
・日本に残りたいのならサッカー選手である以上J2でもJ3でもいいからトライアル受けて合格を勝ち取ることだ
・危険を顧みず帰国したのなら、ただ一人勇気をもって抗議したと賞賛されたかも
そう思う、思わないで大きく逆転しているものがあります。
・難民として認定してください。 👍31 👎106
・世界から笑われない対応を強く望む 👍15 👎29
の2つぐらいかな。
笑われない対応ということを取り上げている人は、どこに視点が向いているのかよく分からない意見ですね。他国から笑われようと気にすることなく最善の判断をすればよいと思います。

スポーツを政治利用したと感じている人が多いのには少し驚いた。
代表選手は、政治は政治、スポーツはスポーツと言っている受け答えが毎日新聞で紹介されていたが、実際には、サッカーの公式試合に代表選手として出場しているのに3本指を掲げ政権批判するのは政治行為そのものであるとも感じる。
このあたりの違和感は、記事を見聞きした日本国民が感じたことなのだろう。
さらに、支援団体やマスコミなどの流れるような動き(用意周到さ)も、こ狡く感じるのかなと思う。

私は、適法に在留する外国人が違法・不法に滞在による外国人と同一視され、バッシングされたり、嫌がらせをされることがないように配慮すべきであると考える。
そのためには、マスコミはきちんと事実関係を伝え、定義し報道すべきである。
その上で、違法・不法滞在者に対する人権問題として報道して欲しい。
もう1点は、日本で起きている外国人の問題であるが、その相手国に日本人がいる場合に影響することも加味すべきだと思うのである。