ブログ 住民税非課税世帯等とは。

名古屋で入管への申請、外国人のビザのことなら名古屋ビザ申請コムの行政書士佐々木健一事務所にご依頼ください。

先日、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について、お知らせしました。
この非課税世帯とはどういうものか?
単身又は扶養親族がいない場合
非課税相当限度額(収入額ベース)で、100.0万円以下
非課税限度額(所得額ベース)で、45.0万円以下
となります。
配偶者、扶養親族がいる場合は、それに応じて加算されます。
給与収入で、月収が8万円以下でボーナスなしの方が一例としてあげられます。
8万円以下なので、名古屋市の最低賃金は955円ですので、月に83時間となり、週ベースでは20時間弱となります。
雇用保険の対象(被保険者)になるようだと対象から外れそうです。
名古屋市の生活保護単身世帯の支給額は約11万円弱ですので、それよりも収入が少ないことになります。
この状況であり、継続性があるならば、生活保護の受給を考えても良いと思われます。まずは、市町村の福祉事務所で相談してみてはいかがでしょうか。