記事 「一流大学卒も三流卒も10年後の成果に差はない」日本電産・永守重信が偏差値よりEQと確信した衝撃データNew

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートします。
ビザ(在留資格)申請のことなら、お任せください。

少し興味深い記事でしたのでご紹介です。

■一流大学卒も三流大学卒も、仕事の成果は変わらない
■あてにならない「偏差値」
■社会に出て活躍できる人、できない人
■日本の名経営者には一流大学出身者が多くない
■指示待ち族が増えるのはなぜなのか
■正解のない問題に解答を見つけられるか
■若い人の可能性の芽を摘む「偏差値教育」
■EQの高い人が求められる時代に
■「人間力」が今こそ必要だ
■IQは伸ばしにくいが、EQは後天的に伸ばせる
■買収企業はリストラではなく、従業員教育で立て直す
■社員の意識改革で赤字287億円の企業が、1年で150億円の黒字に
■成果を生む根源は「従業員のやる気」
■情熱と教育がすべてを決める

という具合に進みます。
当たり前のような気もしますが、実際に自社での経験をベースに語られており、好感が持てます。
しかし、1つ気になることがあります。
IQと偏差値を混在しているところです。
まあ、言おうとしていることは十分にわかるので、関係ないですけどね。

この記事では、指示待ちではダメ、自らが情熱をもち動くこと
EQとも言える人間力は、いつでも伸ばせる

この2点がポイントなのでしょう。

学校、会社側の都合で利用されている偏差値を否定するのもどうなのかなとも感じてはしまいますね。
偏差値がない場合、どうやって合格者や採用者を選ぶのだろうか?
はっきり言って、選ぶ側が大したことがないのに・・・その人達こそ、偏差値の高い人じゃないの、という感じもします。

まあ、偏差値はAIでカバーされる範囲が広そうなので、EQ力を高めようということなのでしょう。

情熱を持って、自分自身で考え行動する。
これって、今までも言われていたことなんだろうけどね。

「一流大学卒も三流卒も10年後の成果に差はない」日本電産・永守重信が偏差値よりEQと確信した衝撃データ

メモ 在留資格「特定活動」(医療滞在及びその同伴者)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートします。
ビザ(在留資格)申請のことなら、お任せください。

最近、お問い合わせの増えている医療滞在の件です。
必須となっている書類でこの医療滞在独特のものです。

入院をして医療を受ける場合(患者である場合)に必要な書類
外国人患者に係る受入れ証明書

その他にも、
申請人の在留中の活動予定を説明する資料として
・入院先の病院等に関する資料(パンフレット、案内等) 適宜
・治療予定表(書式自由) 適宜
・入院前あるいは退院後の滞在先を明らかにする資料(書式自由。滞在場所及び連絡先を記載願います。) 適宜
滞在に必要な一切の費用を支弁できることを証する資料
・病院等への前払金、預託金等の支払済み証明書 適宜
・民間医療保険の加入証書及び約款の写し(加入している医療保険等により、治療等に要する経費を支弁することが立証されるもの) 適宜
・預金残高証明書 適宜
・スポンサーや支援団体等による支払保証書 適宜
のいずれか、または複数の書類で証明する必要があります。

付添人も同様となります。

これ以外にも、入管に申請書が別途必要になります。
(在留資格認定証明書交付申請、在留資格取得許可申請等)

記事 日米同性カップル、定住資格認めず 「特定活動」を与えないのは違法(朝日)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートします。
ビザ(在留資格)申請のことなら、お任せください。

お国柄の違いもありますが、 LGBTへの寛容さが図られた裁判と言えそうです。

米国の男性と日本の男性とが結婚し、日本で在留しようとしたが、日本人の配偶者として認められなかったことに対しての裁判のようです。

う~む、日本人の配偶者等ではなく、特定活動としている部分もなんとなく微妙な感じがする。

少しややこしいので、新聞の記事を読んでもらったほうが良さそうである。

いずれにせよ、東京地裁は、外国人同士の同性婚なら配偶者に「特定活動」の資格を与えているのに、日本人配偶者の外国人には与えない国の運用は「憲法の平等原則の趣旨に反する」と指摘し、「男性に特定活動の資格を認めなかったのは違法だった」と判断したのである。

しかしこの方は、留学生として来日しており、この時は「留学」、その後、日本で起業したとあり「投資・経営」と在留資格を得ている。
起業した会社が経営的に厳しくなり、更新に至らなかったようだ。
「定住者」への資格変更をしたが不許可とされたということである。

1100万円の国家賠償も求めているが、今後の動向にも目が離せない。

日米同性カップル、定住資格認めず 「特定活動」を与えないのは違法

記事 日中国交正常化50年(日経他)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートします。
ビザ(在留資格)申請のことなら、お任せください。

1972年に田中角栄首相と周恩来首相により、「日中友好」、日本と中国の国交が正常化して9月29日で50年を迎えた。
すごいことだと思う。

日経新聞では、その半世紀をまとめた記事などを掲載されている。

興味の有る方は、ぜひご覧ください。

日本と中国、友好と摩擦の半世紀 国交正常化50年

日中国交正常化50年 岸田首相「建設的関係を」

なるほど 置き場に困る紙文書 スマホでどんどんデジタル保管(日経)New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートします。
ビザ(在留資格)申請のことなら、お任せください。

置き場に困る紙文書 スマホでどんどんデジタル保管

試してみたいと思う記事ですね。

似たようなことはすでにしているのですが、うまく稼働していないので、これを機会に考えて実行したいと思います。

気になる記事 外国人の国保悪用問題がヤバすぎる!!水際対策をしっかりしてくれ政府!New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートします。
ビザ(在留資格)申請のことなら、お任せください。

国会美女切り抜きというYOUTUBEの動画になります。
サイトの名称はともかく、小野田紀美議員の国会答弁です。

特定技能の在留資格認定証明書を取得する際に、健康診断が必須になっている。
一方で、留学生はその対象となっていない。
答弁では、結核のスクリーニングを受けているとはしているが、公平ではないと言われても仕方がない。
その上で、議員は留学生が日本での治療を受けるために国保を利用(悪用)していることが報道されているがその点はどう対処しているかを質問している。
小野田議員は、入国する前に対処すべきとしている。

留学生が治療目的で入国している場面に接したことはないが、留学生の在留資格は殆どの場合、学校が準備する場合が多いためである。
あの問題となっていたT福祉大学も学内に取次申請の行政書士が配備されていた。

外部の行政書士が依頼を受けているのであれば、もっと問題として取り上げられているだろうと思うのだが。

日本へ入国していくる外国人の負担はかなり重いものが有る。
旅費もさることながら、入国のための手続費用も掛かる、この費用は場合によっては日本に滞在する期間のランニングコストになる。
この部分においても、論じられる機会は必要であると思うが、記事にある日本へ来てからのサービスを悪用することは、許して良いことではない。

【小野田紀美】外国人の国保悪用問題がヤバすぎる!!水際対策をしっかりしてくれ政府!

情報 2023年春季外国人留学生インターンシップ参加者募集中New

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートします。
ビザ(在留資格)申請のことなら、お任せください。

愛知県労働局と愛知県で主催する外国人留学生のインターンシップの参加者を募集中です。

詳細はかきのHPを御覧ください。

募集期間は「2022年10月3日(月)~11月11日(金)」となっていますが、学校によっては時期がことなることがあるそうですので、学校で聞いて、相談してください。

また、説明会を「10月4日(火)16:00~17:00」に行うそうですので、興味の有る方は参加するといいでしょう。

日本で働く一歩となる就職活動。そのためのインターンシップは役に立つことが多いと思います。

入社前に、会社で仕事の体験ができることはほとんどないのが現状です。貴重な体験となると思います。

2023年春季外国人留学生インターンシップ参加者募集のご案内

情報 入国者数の上限撤廃、10月11日から(日経)

愛知県、名古屋、日本で暮らす外国人の方をサポートします。
ビザ(在留資格)のことなら、お任せください。

個人旅行解禁・ビザなし短期滞在容認、「全国旅行割」も開始するとしている。

円安効果を生かして秋冬の観光需要を取り込み、インバウンド(訪日観光客)拡充による経済浮揚につなげるとしています。

食料品や電気代などエネルギー関連の支出が増えることが主な理由で、円安が生活必需品の輸入物価を押し上げます。また企業が仕入れ価格の上昇分を販売価格に転嫁する動きも重なるとして円安悪として表現されることもあります。

経済的に立場によって状況は変わりますが、円安は海外からの旅行者には優位に働くようです。
これまで、干あがっていた旅行業界には追い風になると思います。
そういえば、京都ではコロナ前には、マナーが云々と、中国人観光客は来なくていいという記事が出ていた。
その後、コロナ禍となり本当に来なくなってしまった。
京都以外にも日本は観光、レジャーに楽しむところはたくさんある。
何も、来るなというところに行かなければ良いと思うのだが。

円安という視点だけで経済や政策をあれこれ言う立場にはないけれど、コロナ禍にあり、医療費の補助金・助成金はそのまま支払い続けるなどをしながら、一方で、密が増えることを続けることには疑問を感じてしまうのである。

入国者数の上限撤廃、10月11日から 岸田首相表明(日経)