あけましておめでとうございます!

在留資格・ビザ申請 届出済行政書士の佐々木健一事務所です。
今年は、入国管理局が出入国在留管理庁に組織変更されます。
要旨として、「出入国の公正な管理」から「出入国及び在留の公正な管理」と、『在留の』という文言が付け加えられました。
また、失踪などで記事に取り上げられたりと話題の多い「技能実習」に関係する新たな外国人材受け入れのための在留資格が創設されます。
「特定技能1・2号」です。不足する人材確保するための在留資格と位置付けられています。
人手不足は、しばらく続きそうです。大学を卒業し3年、建設関係で働く甥と話をしたところ、人手不足が原因で工期に支障が出てきており、予定を立てること自体が深刻な問題となっている様子。
AI、IOTなどの発展で単純作業などにおいても、人手が要らなくなるんじゃなかったの?と、言いたくもなります。
まだまだ当面はこの状況は続くでしょう。
注意深く見守りたいと思います。