「不法就労外国人対策キャンペーン月間」の実施について (入管)

外国人の在留資格・ビザ申請専門・届出済み行政書士の佐々木健一事務所です。名古屋入管(名古屋出入国在留管理局)を中心にエンジニア、通訳の就労ビザ、国際結婚、特定技能・建設オンラインに関するなど書類作成・申請を行っております。

毎年のことですね。
出入国在留管理庁は,不法就労外国人問題に対処するため,本年は6月を「不法就労外国人対策キャンペーン月間」と定め,外国人を雇用する事業主等を対象に不法就労の防止について理解と協力を求めるためのキャンペーンを行います。

このキャンペーンは、外国人自身(本人)に対するものではなく、雇用する側つまり、雇用主・企業となっています。
不法就労を知らずに採用し、実際に働いた場合は、処罰の対象になりますので、注意が必要です。
では、どうすれば、不法就労を見破れるのでしょうか?
今回添付したPDFをご覧いただければ分かりますが、
・在留カード等読み取りアプリを利用する。
・在留カードを必ずチェックする(ポイントはPDFをご覧ください)
などが、上げられます。
それをしてもなお、気付かずに雇用してしまった場合(相手が巧妙な手口を使ったなど)は情状酌量されることになると思われます。
いずれにせよ、雇用する時には、在留カードをチェックする必要があります。
さらに、その方が、自社で働くことができるかも考慮しなければなりません。
就労系のビザが必ずしも、自社で働けるとは限らないのです。
また、技術・人文知識・国際業務に関しては外国人労働者に対し、単純作業をさせることはできません。なぜなら、高度な専門的な知識、スキルを利用した業務をすることを目的としているからです。
単純作業、例えば、ライン作業のみをさせていた場合は不法就労となり、事業主も不法就労助長罪となり、処罰される可能性があります。

一番大切なことは、会社を守っていくにはある程度の法的義務を知っておくことです。しかしながら、法的義務を勉強することは大変な負担です。新しいことを始める(ここでは外国人雇用をする)場合はネットで調べる、友人知人に聞いてみる、専門家に相談するなどをお勧めします。
当事務所は、簡単なこと(10分程度)であれば無料で相談できますのでご利用ください。

不法就労防止 キャンペーン_compressed